商品カテゴリー
平積みコーナー
売れ筋商品
特集
ショップblog
お役立ち
カートの中身
メルマガ登録・解除
商品情報配信
商品詳細
「N27」第3号
型番 06103
販売価格 1,028円(内税)
  
《巻頭グラビア》
これからのナナムイ(長崎健一)
〈名護・やんばる〉を記録する(平良暁志)

《特集1 沖縄の精神世界》
稲嶺進名護市長に聞く やんばるの思想が生きる自治を(聞き手・親川志奈子)
農を基盤にしたやんばるの生活文化が、名護の自治の原点(島袋正敏)
土地に根付いた理論(親川志奈子)
沖縄・戦後精神の今 凛冽として正義と「世直し」を主張する(比屋根照夫)
特別寄稿・思想としての27度線(新川明)
消えない「心の傷」 戦争PTSDと向き合う人々(宮城晴美)
日本化と琉球化の時代(安里進)
沖縄の精神文化 不変なるもの やんばる学の観点から(仲原弘哲)
世界遺産の功罪と基層文化への回帰(安里英子)
日本で「琉球人」を生きる ウチナーイナグヌウムイ(島袋マカト陽子)

《特集2 状況と表現》
美術トークセッション「状況 identity 失われる自覚・問われる自覚」発言記録(金城満、新垣安雄、高良憲義、比嘉豊光、コーディネーター・上原誠勇、コメンテイター・翁長直樹、豊見山和美)
自由な島を創造する 表現者の身体・記憶と「状況」(神谷三島)

連載アートシーン3 アートと地域社会の関係を考える 県芸大は「植民地大学」なのか?(上原誠勇)

白い猫(中里友豪)

連載エッセイ3 情況への発言 言霊の復活を シマクトゥバ復興運動はそれでよいのか(川満信一)

連載風刺画3 のーがら探検隊 エピソード6・23「よみがえり」(ウルカ・ゆう)

《時の潮流》
「琉球民族独立総合研究学会」第2回学会大会・総会、オープン・シンポジウム 宮古島で初の開催(桃原一彦)
宮古の祭祀をめぐる状況 商品化される祭祀(しもじけいこ)

島クトゥバで語る琉球職人物語その3 チィーガ職人 桃原栄仁

COVER STORY 世を乞う(神谷三島)

発行人:比嘉豊光
編 集:N27編集室
サイズ:B5版
発行日:2014年6月23日