商品カテゴリー
平積みコーナー
売れ筋商品
特集
ショップblog
お役立ち
カートの中身
メルマガ登録・解除
商品情報配信
商品詳細
沖縄文化の軌跡 1872-2007 美術館開館記念展
型番 11001
販売価格 3,150円(内税)
  
第1章 異文化遭遇から同化へ 1872-1945
「自己表現を求めて 作られた主体からの脱却」翁長直樹
「琉球をとりまく絵画の世界」平川信幸
「戦前の工芸 沖縄漆工芸組合「紅房」を中心に」岡本亜紀
「近代沖縄像の表象と組み替え」屋嘉比収
「連綿とつづく八重山古謡へのまなざし 「安里屋ユンタ」をめぐって」三島わかな
「孤島苦・国際都市・亜熱帯の美学」屋部夢覚
「琉球イメージを求めて 沖縄に来た画家たち」翁長直樹
「感性の赴くままの勢い 沖縄の染織の特徴」與那覇一子
「「琉球舞踊」と「御冠船踊」の踊衣裳」仲嶺絵里奈
「麦門冬の果たした役割」新城榮徳
「首里・久米の景観」親泊仲真
「台湾との文化交流史」又吉盛清

第2章 独立と帰属 1945-1972
「植民地の文化政治と表象のアポリア」仲里効
「沖縄戦後美術の軌跡 写実から抽象への転換、さらに反芸術へ」星雅彦
「沖縄建築論 終戦から復帰まで」福島駿介
「沖縄・風景の基層」親泊仲真
「映像と沖縄のダイアローグ」鈴木勝雄
「海を越えた琉球・沖縄の文化財」園原謙
「沖縄音楽の変遷」知名定男
「オキナワン・ロックの軌跡」喜屋武幸雄

第3章 自画像を求めて 1972-1995
「「われわれ」を生み出す装置としての記録・記憶・歴史」豊見山和美
「写真と映画をめぐるジオロジー」仲里効
「忘じ難き役者群像」仲井真憲児
「画廊から見た沖縄の美術」真久田巧

第4章 複数の沖縄 1995-2007
「永遠回帰の群島決定」比屋根薫
「沖縄の文学 時代と対峙した倫理的な表現」大城貞俊
「美術に"沖縄ポップ"は存在するか(試論)」豊見山愛
「沖縄移民とチャンプルー文化 世界のウチナーンチュ・ネットワークがもたらす文化的多様性」新垣誠
「アイドルの系譜 大衆・国家・神とのかかわり」當山忠
「琉球弧の文化交流」高良勉

第5章 海外の沖縄アーティスト 1899-2007
「往還する移動民の表現」翁長直樹
「沖縄と現代美術 照屋勇賢から見えるもの」前嵩西一馬
「沖縄染織がアジアにできること」平良次子
「ドライクリーニングのアート」マタヨシ,マキシミリアノ
「統合のための色と形 ペルー日系人アーティスト」モリミサト,ドリス

〈資料〉
「沖縄近現代文化史年表」
「沖縄近現代文化用語集」
「作家略歴」
「作品リスト」

〈Overview〉
Chapter 1: FROM CROSS-CULTURAL ENCOUTER TO ASSIMILIATION, 1872-1945
「Aspiring to Self-Expression: Escape from Artificial Subjectivity」ONAGA Naoki

Chapter 2: INDEPENDENCE AND AFFILIATION, 1945-72
「Colonial Cultural Politics and Aporias」NAKAZATO Isao

Chapter 3: CREATING A SENSE OF IDENTITY, 1972-95
「Records, Memories and History as Devices for the Establishment of Collective Identity」TOMIYAMA Kazumi

Chapter 4: MULTI-FACETED OKINAWA, 1995-2007
「Eternal Recurrence and the Path to Okinawan Self-Determination」HIYANE Kaoru

Chapter 5: OKINAWAN ARTISTS OVERSEAS, 1899-2007
「The Art of Okinawan Migrants in Motion」ONAGA Naoki

「Modern History of Okinawa : A Chronology(1872-2007)」
「List of Works」


  • 発行:NPO法人沖縄県立現代美術館支援会happ

  • サイズ:A4版

  • 発行年月日:2007年11月1日