商品カテゴリー
平積みコーナー
売れ筋商品
特集
ショップblog
お役立ち
カートの中身
メルマガ登録・解除
商品情報配信
商品詳細
比嘉豊光写真集「わった〜「島クトゥバで語る戦世」684」
型番 06002
販売価格 2,000円(内税)
  
戦後60年。県内各地の公民館や老人会などに呼びかけ、戦争体験をその村の島クトゥバで語ってもらい、それを映像と写真で記録する活動を行った。なるべく多くの方々に参加してもらい、お互いに身近な人々の関係で島クトゥバを語り、聞きあう方法で撮影した。それは、証言者どうしがその島共同体の戦争の記憶として共有化出来るという、感動的な出来事でもあった。

「シマガ カワイネー クトゥバン チラカマチン カワインドー。アマジラー、クマジラー、ンチアンドー。」

戦争の傷跡
60年余も体内に取り残され肉体と同化した砲弾の破片は、今もレントゲン写真には写るが痛みは感じない。そして肉体に刻まれた戦争の傷跡は死んで火葬され、灰になって、ようやく消えて無くなるモノであるという。

寄稿
「黄泉がえる 『島クトゥバで語る戦世』に寄せて」西谷修
「記録による記憶の浮上」屋嘉比収
「ただ聞く耳の実践」仲田晃子


  • 著者:比嘉豊光

  • 出版社:ゆめあ〜る

  • サイズ:B5版

  • 発行年月日:2007年6月6日