商品カテゴリー
営業日カレンダー
簡単カレンダー powered by Rifnet
平積みコーナー
売れ筋商品
特集
ショップblog
お役立ち
カートの中身
メルマガ登録・解除
商品情報配信
商品詳細
ジット・プミサク + 中屋幸吉 詩選
型番 16003
販売価格 1,200円(内税)
購入数
  
「叢書 群島詩人の十字路」第3弾 八巻美恵 編

1966年、群島は歌をうたった。
遠く離れながら、力強く呼び交す島とシマの声。
若くして逝った、タイと沖縄の詩人による共著。
ウェブマガジン「水牛」とのコラボレーション。

サウダージブックス刊

-----

今日という昔(八巻美恵)

1
ジット・プミサクの遺したもの(荘司和子)

【ジット・プミサク 詩選】
牛鈴によせる恋歌
故郷の呼ぶ声
奇奇怪怪 "自分のためのタンブン"
この手で築く地上の楽園[サワン]
シャムの魂[こころ]〈ウインヤーン・サヤーム〉

2
あまりにも沖縄人である僕 上京日記(62・3〜9)(抄)(中屋幸吉)

【中屋幸吉 詩選】
名前よ立って歩け
深みゆく喪失の季節
青春の片隅で
歌を唄いたい
沈黙の底辺から
路地の片隅に佇む あい(65年5月25日の日記より)
めざめは悲しくて(65年5月25日の日記より)
戸をたたくあい(65年5月25日の日記より)
最後のノート

年譜
-----

編者:八巻美恵
発行人:淺野卓夫・佳代
発行:サウダージ・ブックス
発行日:2012年12月25日
発行所:Saudade Books(サウダージ・ブックス)
サイズ:18cm x 11cm / 118ページ